IBS Japan

オムロンがIoTサービス基盤「i-BELT」を立ち上げ

2017.09.01

製造現場の"知能化"を加速させる

オムロン株式会社(本社: 京都市下京区、代表取締役社長 CEO: 山田義仁)は、モノづくりの生産性と品質を飛躍的に向上させるため、制御と情報を融合し製造現場の"知能化"を加速させる、IoTサービス基盤「i-BELT」を2017年10月より立ち上げます。

近年、製造現場を取り巻く環境は大きく変化しています。例えば、製品の高機能化やデザインの多様化・高品質化が進み、組み付けの高精度化や、生産性の向上など、様々な課題を解決しながら生産ラインを短期間で立ち上げ、大量生産することが求められています。これらの解決策としてAIやIoT、ロボティクスなどの技術革新を取り入れた新たな自動化ニーズが高まっています。実際の製造現場では、まだなかなか進まないIoTを活用した具体的な生産性の向上や高度化を推進できるよう、誰もが簡単にIoT技術を活用し新たなモノづくりに取り組めるサービス基盤として「i-BELT」を立ち上げます。

「i-BELT」は、業界初のAI搭載マシンオートメーションコントローラーを軸に、オムロンが保有する幅広い制御機器とパートナー企業各社が取り扱う制御機器からのデータを製造現場レベルで簡単に収集・分析し活用するためのIoTサービス基盤です。「i-BELT」を通じて、設備や工程の予兆をリアルタイムに検出し統合的に分析できる環境を提供します。さらには、各種センサーから収集したデータを蓄積し、分析した結果を基に、制御アルゴリズムとして機器の制御に反映することで、これまで熟練技能者だけが持っていた「匠の技」をオートメーションで再現します。

■ 「i-BELT」によるサービス概要

・製造現場で簡単に多種多様なデータを収集(2017年10月より)
IoT活用を手軽に始めたい顧客の工程や設備を対象に、データ形式の異なる多種多様な制御機器の情報を簡単に収集・分析できる仕組みやエンジニアリングサポートを提供します。
・製造現場の改善を支援する見える化・分析
製造現場の設備や工程の状態を見える化するソフトウェアや、設備保全や品質向上を支援する分析サービスを提供します。
・機械制御へのフィードバック
設備や工程、ロボット等を制御するためのマシンオートメーションコントローラーにAIを搭載し、データの分析結果を基に、設備異常の予兆を監視したり、製品の品質を改善するためにモーターやバルブなどをリアルタイムに制御したりする仕組みを提供します。

※この記事はオムロン株式会社様のプレスリリースを基に構成しています。
http://www.omron.co.jp/press/2017/08/c0809.html

トップ