IBS Japan

【積乱雲プロジェクト】関西積乱雲プロジェクトの取り組みが大阪日日新聞様の特集記事になりました。

2018.01.12

弊社も参加している積乱雲プロジェクトの関西積乱雲プロジェクトの取り組みが大阪日日新聞様の連載・特集「おおさか未来予想図」に取り上げられました。

おおさか未来予想図第1部「先端技術のまち」(3)
http://www.nnn.co.jp/dainichi/rensai/miraiyosouzu/180105/20180105044.html

高い技術力を持つ中小企業が連携してIoTに関連する様々なニーズを自由な体制を保ちつつ取り組んでいる状況を取材して頂きました。

この積乱雲プロジェクトで2018年1月30日に『セキュアなIoTの構築を考える集い』というセミナー・イベントを企画しております。参加は無料となっておりますので、皆様のお申込みをお待ちしております。

▶ 詳細はこちら

積乱雲プロジェクトとは

日本の中小企業が持つ高い技術力をIoT時代の新しいビジネスモデルにつなげていくためのシームレスな技術開発、販売施策を発展させていく事を目的とした複数企業参加型の共同プロジェクトになります。
現在は関西・関東合わせて14社が参加し各種実証試験/セミナー/イベント/展示会出展などの活動を行っています。
センサー、M2M技術、セキュアな伝送技術、そしてセキュアなリアルタイムクラウド技術を各社で推進しています。

参加企業

・アイ・ビー・エス・ジャパン株式会社
・株式会社ゲインシェアリング
・Cogent Real-Time System Inc.
・株式会社木幡計器製作所
・Skkynet Japan 株式会社
・株式会社デバイスドライバーズ
・東亜無線電機株式会社
・株式会社日新システムズ
・日本ダイレックス株式会社
・株式会社マクニカ
・株式会社ハネロン
・株式会社プエルト
・株式会社ベルチャイルド
・Red Lion Contrlos

(五十音順)

トップ