1. ホーム
  2. 製品・技術情報
  3. サクセスストーリー
  4. ファクトリオートメーション

製品・技術情報

スマートワイヤレスによる倉庫内のモビリティの最適化

使用製品
産業用 IEEE 802.11n ワイヤレスAP/クライアント
産業用IEEE 802.11n ワイヤレスAP/ブリッジ/クライアント
ロケーション 日本
プロジェクトの紹介

生産性を向上させるために多くの自動マテリアルハンドリング(AMH)システムが工場に導入されています。AGVは、運用の正確さと効率を向上させるため、工場のロジスティックでのAMHシステムに一般的に使用されています。ロジスティクスサービスを提供する日本の顧客は、倉庫にAGVシステムを導入したいと考えていました。 この目的は、顧客がリテールストアでの在庫をゼロにすることができるようにリアルタイムの商品配送を提供することにありました。

Moxaのソリューション

倉庫でAGVシステムを可能にするには、信頼性の高いワイヤレスネットワークが必要です。APおよびクライアント(デバイス)とは異なる要件は、信頼性の高いワイヤレスネットワークの構成を決定します。この場合、Wi-Fiカバレッジを提供するためにAWK-3131A産業用ワイヤレスデバイスがAPとして採用されました。AWK-3131Aは、2x2 MIMOアンテナ出力を備えた802.11nをサポートしているためワイドレンジのWi-Fi通信のカバレッジが可能です。更に、データレート300 Mbpsの十分な帯域幅を提供し将来のシステム拡張を可能にします。5GHzチャンネルをサポートするAGVシステムは、2.4GHz帯のチャンネルが混雑した周波数帯に比べて帯域幅が広いクリーンな環境でオペレーションができます。AGVシステムの理想的なワイヤレスクライアントであるAWK-1131Aワイヤレスデバイスは、コンパクト、耐久性、モビリティの3つの利点を提供することができます。

スペースの限られたAGVのようなビークルシステムでは、スモールサイズのAWK-1131Aの完璧なソリューションを実現するAGVシステムに適合するコンパクトなワイヤレスデバイスが必要です。AWK-1131Aの堅牢な設計は、IEC 60068-2-6規格に対応しているので振動のある厳しいオンボード環境に耐えることができます。また、AWK-1131Aは、電源およびアンテナポートの両方をアイソレーションしているため予期しない電気的干渉を防ぐことができます。例えば、ワイヤレスデバイスがモータと同じ電源を共有する場合、モータにより発生する突入電流の影響によりワイヤレス通信が容易に中断される可能性があります。電源ポート上の500Vのアイソレーションとアンテナポートのlevel-4 ESD耐性によりワイヤレスデバイスに干渉を起こす不要な要因から分離することができます。 更に、重要なこととしてモビリティの最適化は、AGVシステムにとって重要な課題です。

AWK-1131Aは、AP間で高速の150msのハンドオフタイムを提供するクライアントベースのTurbo Roaming技術をサポートしているため倉庫のシームレスなモバイルオペレーションを可能にしました。