1. ホーム
  2. 技術情報
  3. Moxa
  4. 万全を求められるアプリケーションのために必要な産業用IP監視ソリューション カタログ

技術情報

Moxa

万全を求められるアプリケーションのために必要な産業用IP監視ソリューション カタログ

  • 2014.09.19

ダウンロードページへ

リアルタイムの監視画像を、確実に送信することができる産業用グレードのIP監視システムは、特に、石油および天然ガス、鉱業、鉄道、国境警備および都市交通といったシステムを含む多くの産業用アプリケーションを、ホコリ、雨、振動や衝撃、および極端な温度変化といった苛酷な環境で運用する為に、安全性とセキュリティを保証する上で不可欠な技術になっています。更に、使用されるデバイスは、電磁妨害の影響に対して耐性を必要とします。

道路交通システムにおける効率的な運用に必要とするCCTVの課題とソリューション

近年、公共交通機関は、トラフィックマネージメントおよび生活の質を改善する都市開発に重要な焦点となっています。 世界的にバス高速輸送(BRT)システムは、鉄道またはMRTと比較して低コスト、高い柔軟性、高効率および短期の開発時間により特に南米および中国で大規模に展開され普及しています。その中で台湾の台中市では、市内の20以上のセクションで運用される6 BRTラインのバス高速輸送(BRT)システムに投資してきました。BRTシステムの確実かつ効率的な運用に必要とする重要な部分を保証するためには、停留所、バスおよびコントロールルームを含むBRTラインのあらゆる側面を包含するビデオ監視システムの実装が必要とします。

IP CCTVシステムで必要とするべきこと

IP CCTVビデオ監視システムは、現在、世界中の都市で一般的となっていますが、すべてのシステムが同じように形成 されているわけではありません。具体的にBRTシステムに使用するために適するIP CCTVシステムは、少なくとも以下の基準を満たすことが必要です:

  • ハイフレームレートによるクリアーなライブ映像の生成
  • 楽にビデオ録画をサポートできること
  • ステーションからコントロールルームへリアルタイムビデオ送信のサポート
  • コントロールルームのオペレータが特定の時間に特定のカメラからの映像データを容易に見つけられること
  • 他の交通管制システムと統合することができるインターフェースを備えていること

BRTシステムの階層的な性質を考慮して、この種のアプリケーションに必要な最善なソリューションは、分散録画サーバと共に集中ビデオインターフェースを使用することにあります。

システム全体にわたる考察

全システムが適切に稼働していれば、各々の停留所のCCTVシステムは、コントロールルームのCCTVシステムに接続され、コントロールルームのオペレータは各々のBRTの停留所およびバスルートに沿って設置されているカメラから供給されるライブのビデオを監視することができます。システム設計とソフトウェア要件に加えてBRTのための監視システムを構築する際に考慮すべき重要な点は、カメラの選択があります。

BRTシステムの監視カメラソリューションは、一般住居用のビデオ監視システムと異なり様々なアプリケーション、ロケーションおよび用途などにより各種のカメラが要求されます。例えば、ミニドームカメラは、自動チケット販売機で使われるのに対してPTZドームカメラは、鉄道のプラットフォームで使われます。さらに、BRT監視システムを設計する際、強化された信頼性の高い"産業グレード"ハードウェアを選定する必要があります。一般的な消費者向け監視装置は、通常1年間保証であるため産業用監視アプリケーションには、適していません。

BRTシステムのためのMoxaのIP CCTV ソリューション

MoxaのIP CCTVソリューションは、産業グレードのIPカメラと証明された大規模なビデオ管理ソフトウェアを含みます。台中市に提供されるシステムは、都市全体を通して点在する40以上のBRTステーションだけでなくBRTコントロールルームに使われます。システムで使われる製品は、以下を含みます:

  • VPort 26A-1MP-T: 産業グレードHD固定ドームカメラ
  • VPort P06-1MP-T: 産業グレードHDミニドームカメラ
  • SoftNVR-IA および SoftCMS: 柔軟性のあるビデオレコーディングおよびマネージメントソリューション
  • IKS-6728-8PoE: 24+4GポートギガビットモジュラマネージドPoE+ イーサネットスイッチ
  • ioLogik E2242-T: イーサネットマイクロRTUコントローラ、4アナログ入力および12コンフィギュラブルDIO

MoxaのIP CCTVソリューションを使用するBRTシステムの利点は、以下を含みます:

  • 先進的ソフトウェアソリューション:フル機能NVRサーバSoftNVR-IAおよび中央集中化したビデオマネージメントSoftCMS
  • 完全なカメラ製品ポートフォリオ:固定ドーム、ミニドームおよびPTZドームオプション
  • 産業グレードMTBF
  • 固定カメラ:5年間保証、PTZカメラ:3年間保証
産業グレードMTBFの必要性

伝統的なCCTVのソリューションと異なり、Moxaのカメラは、より高い信頼性につながる50万時間(実際の数値はモデルによって異なります)を超えるMTBFを備えています。交通輸送システムは、その性質上、使用するカメラがメンテナンスタスクおよびテクニカルサポートのためにエンジニアを派遣することが困難な遠隔地のフィールドに広範囲に展開しているためより高いMTBFを有するカメラシステムを使用することが特に重要です。

IPカメラに必要な3または5年の保証

多くのCCTVカメラは、一般的に1年間の保証を提供しますが、いくつかは、カメラの可動部分が除外されています。Moxaの提供するカメラは、高いMTBFおよびより長い保証期間(固定カメラは5年間、PTZまたはズームカメラは3年間)であるため業界で最長のMTBFを保証します。エンドユーザは、CCTVシステムのための総所有(TCO)を削減しまた、システムのライフサイクルの観点から市場で最良の製品を使用することができます。Moxaの産業用IP監視ソリューションの詳細については、最新の産業用IP監視カタログをダウンロードしてください。