1. ホーム
  2. 技術情報
  3. Moxa
  4. 『IEC 61850』が変電所をよりスマートに カタログ

技術情報

Moxa

『IEC 61850』が変電所をよりスマートに カタログ

  • 2016.06.17

変電所の環境は非常に厳しく、そこで使用される機器は幅広い温度範囲で動作し、電磁適合性(EMC)の要件を満たす設計がされていなければなりません。さらに、使用する製品は『IEC 61850』の認証取得が必要であり、電磁干渉(EMI)に耐え、また、長期間大きな振動に耐えられなければなりません。信頼性が高く堅牢なソリューションがシステムダウンタイムを削減し、メンテナンスや通常使用による損傷を最小限に抑えられるので、このデバイスの堅牢性が十分であることが顧客にとって大きな関心事となります。

『IEC 61850』変電所の概説

『IEC 61850』規格により提供される利益および利点を詳しく見てみましょう。規則や規制、厳格な要求仕様といった一連の複雑な組み合わせの実施は、最初は困難に思えるかもしれませんが、欠点よりも利点の方がはるかに上回ります。例えば、従来の変電所では銅線を介した比較的低速なシリアル接続のような、ケーブルでデバイス間を接続する数千のデバイスが使用されているのに対して、近代的な『IEC 61850』変電所内のIED (intelligent electronic devices) は高速イーサネットバスに接続されており、一元化した電力SCADAシステムを介して包括的な管理、メンテナンス、制御戦略を比較的容易に実現します。

『IEC 61850』変電所の概説

■カタログ掲載内容

  • なぜ『IEC 61850』変電所に投資するのでしょうか?
  • 認証規格『IEC 61850』とは何でしょう?
  • 『IEC 61850』変電所のアーキテクチャ
  • 『IEC 61850』通信
  • 変電所オートメーションの進化
    • 従来型変電所オートメーション
    • 『IEC 61850』ステーションバスによる変電所オートメーション
    • 『IEC 61850』ステーションバスとプロセスバスによる変電所オートメーション
    • PRP/HSR:『IEC 61850』の新しい波
『IEC 61850』による変電所の改修

従来のハードウェアから自動化されたインテリジェント『IEC 61850』認証対応装置を備えた変電所に改修する場合、複雑なプロトコル変換を処理できるように設計された製品を提供してくれる、信頼できるパートナーを見つける必要があります。とりわけ、既存のIED(インテリジェント電子デバイス)や、その他のシリアル通信デバイスをイーサネット網に接続するためには、シリアル・ツー・イーサネット(Serial-to-Ethernet)ソリューションを使用する必要があります。シリアル・ツー・イーサネットソリューションを使用することにより、既存の機器の耐用年数を延長でき、スマートグリッド対応の通信システムにアップグレードする際の費用を大幅に削減できます。

『IEC 61850』による変電所の改修

■カタログ掲載内容

  • 変電所の改修
    • デバイスの多様性:既存システムが開発時期の異なる機器によって構成されていると、レガシーデバイスのシングルシステムへの移行が困難になること。
    • インテグレーション:変電所のシステムエンジニアが持っている通信分野に関するノウハウは限られており、システムインテグレーションのためにデバイスをブリッジする時間も少ないこと。
    • オペレーション:どのようにすれば、でき上がったシステムの日々のメンテナンスとトラブルシュートを最適化できるか。
『IEC 61850』による変電所のスマート化 カタログ

イーサネットベースの通信をアップグレードする際、冗長化に向けたサポートが可能な低コストのソリューションを探す必要があります。ミッションクリティカルで時間に敏感な変電所におけるアプリケーションは、数ミリ秒程度の短いネットワーク中断であっても、システム運用に重大な影響を与えるとともに、オンサイト作業員を危険にさらす可能性があります。このような理由から、単一障害点(single points of failure)によりシステム全体が障害に陥ってしまう場合は、既存のデバイスを即座にネットワークに接続できるとともに、切り替え操作を保証できるソリューションを見つける必要があります。

『IEC 61850』による変電所の改修

■カタログ掲載内容

  • 新たな変電所をゼロベースから構築
    • 新しい『IEC 61850』規格に対応した変電所
    • IEC 61850 QoS:重要なパケットの優先順位付け
    • VLAN技術:効率的で信頼性の高い通信に対応
    • 時刻同期技術:正確な通信を実現
    • 管理容易性